トル猫 FX

FXを勉強しながらデイトレやスワップをやっています!投資初心者向けの記事を書いていて、なるべく分かりやすい言葉と、シンプルにスマホでも見やすい!を目標に作っています!トレード実践をやっていて皆さんの参考にしてもらえるように頑張ります!将来的には40代でのセミリタイアを目標にしています!

トルコ中銀利下げはこれで終わるのか 介入虚しく18円割る

先週の為替市場は急激な円安になり今週に入って世界的な株の下落と慌ただしく相場が動いていますね。トレード参加した人には歓喜の相場と悲惨な相場の両極端になったのではないでしょか。先週の私はショートでポジションを持っていたためロスカットされました。幸い大きなポジではなかったのでダメージは少なくて済みましたが、ド転してロングで持つ選択肢は取る事が出来ませんでした。今週に入ってからは持っていれば・・・とまだ(たらればの癖)は消し去れていません笑

 

これだけの大相場を指をくわえて見ているだけのトル猫です(;^ω^)FXには損切りは必要ですし、相場が自分の想定している動きにならないのは当然のことで自分にとってはやりにくい相場が続いています。相場が落ち着くまではチャンスを待ちますよ(;´∀`)

トルコリラ成長記録55

2020/2月19日~2月25日

 

さてトルコリラの話題になりますが、注目されていたトルコ中銀の政策金利発表が終わりましたね。

 

結果は0.50%の利下げ

11.25%⇒10.75%

 

市場が予想していた利下げ幅だったため反応は限定的でした。

もしかした更に下げ幅を拡大するのではないかと心配していただけに安心の発表になりホッとしました(;´∀`)タイミング的にもドルの上昇がクロス円を下支えしていた感はありますね。

しかしトルコリラは前回の記事で書いたようにまだまだ危険な水準を漂っています。

 

www.torunekofx.com

 と言うか危険なのはむしろこれからと言う感じでしょう。トルコ中銀も買い支える水準を下げて来ています。

 

利下げはこれで終わり!?

今回の政策金利発表では6連続の利下げとなりましたが、これからも利下げは続くのかを考えていきたいと思います。

 

まず今回の利下げ幅についてトルコは2019年/7月から利下げを行ったきました。当時は通貨危機のピークは過ぎたと言われています。(実際は今も通貨危機の状況は好転していません)

今回の利下げは0.50%と昨年7月から始まったサイクルの内では最小の数値となりました。この数値から考えてみるとトルコの利下げラッシュは終盤局面に来ているのではないかと考えています。

 

Twitterなどでアナリストの意見などを見てみても『これから下げるとしても大きな下げ幅ではなく、小刻みに利下げを行うのでは』との意見が多かったです。今までのように大きな利下げは現実にではないし、利下げが行えない状況まで来ていると判断も出来ますね。

 

24%⇒10.75%まで8ヶ月(2019/7月~2020/2月)の期間で一気に利下げしてきたので経済的にも反動が気になりますよね。

 

エルドアン大統領は利下げを歓迎しているし『早い段階で1桁にする』とトルコ中銀に圧力をかけ続けているので、2020年内では1桁台に行きそうな感じもします。政策金利発表も今年から毎月に変更になっているので小刻みな利下げが続きそうですね。

 

インフレの改善は?

これまでトルコ中銀が大きな利下げを行ってきた背景にはインフレ率の改善がありました。利下げを行ってきた期間は少しずつインフレ率の改善も見られていたので、市場の反応も納得感は出ていました。

しかし今回政策金利発表後の声明でインフレ率が12.15%に上昇となっているので雲行きは怪しくなって来ましたね。

 

一時的に上昇は見せているものの2020年末の見通しは8.2%に低下するとしているようです。そこのところちょっと怪しいですが・・・この短期間でそんなに低下させることが出来るのでしょうか・・・(;^ω^)

 

これに関しては次回の発表時などによく観察していかないといけませんね。中銀の見方と世間のズレを見ていく上で大事な事だと思います。

インフレ率や経済状況が改善しているから利下げなのか、エルドアン大統領からの圧力で闇雲に下げているのかも見どころになってくるので要チェックですね(;´∀`)

 

アメリカと急接近の可能性

現在緊張が高まっているシリア問題でまさかの展開がありました。

f:id:tairasticks:20200222132213j:plain

 ロシアからミサイル防衛システムのS400を購入してアメリカから批難されていたトルコですが、現在のシリア情勢を巡りアメリカに地対空ミサイルの配備を要請したというのです。

 

まだ詳しい情報は出ていませんが、過去この防衛システムの問題についてはロシア製かアメリカ製を使うかで相当揉めていました。

 

アメリカ側は正式なコメントを避けましたが、まだトルコにはアメリカに歩み寄るチャンスがあるのではないかと思ってしまいました(;´∀`)このS400の問題ではアメリカ側から制裁を喰らうなどしてトルコとアメリカの足かせになっていたのでそれが緩む可能性もありますね。

 

ただ現状トルコがロシア製のS400を捨てない限りは厳しい展開になるのではないかとも思っています。そう考えると現実的な可能性は低くなりますね(;^ω^)資金なども相当使っていますし。しかもこの防衛システムの件が再燃しないかも心配の種になってきますね。

 

再燃し始めるとトルコリラ不安定になる可能性があるので、この報道関連は頭に入れて警戒しておいたほうが良さそうです。

 

トルコ中銀の介入

今日2月25日にトルコリラの気になる動きがありました。

日本時間の15時はトルコにとって市場や金融機関が開く時間帯でトルコ中銀が介入しやすい時間帯とされているようです。

チャートを見てみると介入があったか無かったのか微妙な動きになっています。FX会社の見方ではトルコにポジティブな内容のニュースが無いため介入が推測出来ると流れていました。

f:id:tairasticks:20200225181015p:plain

トルコリラ円1時間足チャート

対円ではそれ程大きな動きに見えませんね。しかも上昇したあと円が買われています。ドルトルコリラを見てみましょう。

f:id:tairasticks:20200225181330j:plain

ドルトルコリラ1時間足チャート

一旦トルコリラは買われたもののすぐに売り戻されています。日足チャートを見てみるといよいよ感が漂って来ています。

f:id:tairasticks:20200225181528j:plain

ドルトルコリラ日足チャート

これだけトルコリラが売られていくと・・・中銀が買い支えているとしてもブレイクは時間の問題になってきますね(;´∀`)

ブログを書いている最中にトルコリラ円は18円台を割り込む展開になっています。強制ロスカット祭りにならない事を祈ります。

 

ポジション

直近のトルコ情勢をチェックしたのでスワップやポジション状況を見ていきます。

 

f:id:tairasticks:20200225183156j:plain

ポジション

f:id:tairasticks:20200225183222j:plain

口座残高


ランド円

先週はクロス円が上昇したことで円相場は上向きに推移していますね。特に私は高金利通貨を保有しているので嬉しい展開となりました。

ランドのチャートを見てみるとランドが買われていると言うより、ドルが買われて円が大きく売られたのが現状ですね。

しかも今週に入ってからは嘘のように下落が始まっています。買い所を探る展開が続きそうですが、全く予想出来ない状況です。

f:id:tairasticks:20200225183317j:plain

ドルランド 日足チャート

チャートを見ても分かるように対ドルではランドは少し弱い状況です。

ドル円が上昇したことでランド円のポジションを買おうか迷いましたが、見送る事にしました。なかなか無い相場状況なので慎重にいきたいと思います。しばらくは様子見が続くかもしれません。

 

メキシコペソ円

こちらも先週は一時的に6円台にタッチしました。メキシコペソは昨年の8月からの安定感が凄いですね。システムトレードなどしている人は結構美味しい展開になっているのではないでしょうか。

下落するまで待とうと思っていましたが、この安定的な動きを見ていると少しポジションを追加しても大丈夫な気がしてきました。ただそれは3月に入って入金を行ってからにしたいと思います。資金を追加してからでないと円買いが始まった時に動けなくなる可能性を排除出来ませんからね。

今週は下落が始まっていて買いたいタイミングですけど、もうちょっとドルなどの動きをみたいので待ちたいと思います。もどかしい展開ですけどもうちょっとの辛抱です。

 

中国人民元

円売りのおかげでまたしても利確が見えて来ているゾーンに来ていましたが、新型コロナが落ち着く様子がありませんね。プラス域になれば利確したいと思います。枚数も少ないですし、ポジションを減らして新たな通貨を持ちたいと考えています。

 

トルコリラ円

政策金利発表も終わりクロス円の上昇から上向きの展開ですが、やっぱり気になるのがドルトルコリラでのトルコリラ売りですね。今はドルが強すぎる展開なのかもしれませんが対ドルでの下落が止まりませんね。

 

全体的に新興国通貨は売られてドル買いの動きで、ここから円買いが始まるとトルコリラ円の急落がちらつきます。

トルコリラ成長記録ではほとんど円の取引なので円買いが始まることが不安材料です。今は様子見で下落時を狙い、次の上昇まで待つスタイルを取りたいと思います。時間は掛かりますが、資金を増やしていくのが目的なので焦らず待ちたい考えです。

 

スワップ

前回 67325円

今回 68070円

 

+745円

 

スワップの低下が止まりませんね。かなり減っています。

一時的にトルコリラ円のスワップが10円台の日がありました笑

スワップで安定的な収支を作るならランドやメキシコペソを多めに保有することも検討していかないといけませんね。ただ資金が・・・(;´∀`)

ひたすらに続けていくしかないですね。

 

最後に

 先週からホントに慌ただしい動きが続いていますね。トルコの政策金利発表といい急速な円安からの円高に身動きが取れない状況です。

ドルが買われて相場がかなり動く展開は久しぶりだっただけに株式の動きや有事が気になってきますね。ホントは違う理由で動きがあるのかもしれませんが、全く読めない相場の時には無理して入らず落ち着くのも大事かもしれませんね。

 

そして今週はトルコにとっても重要な週になると考えています。シリア情勢でのロシアとの協議や隣国のイランなどで新型コロナが猛威を振るっています。これからトルコにも影響は出て来ると考えられるので警戒が必要ですね。そして追い打ちをかけるようにまた地震が発生しています。警戒するところが盛りだくさんですが、出来るだけ被害が出ないように祈りたいと思います。

 

読んでくれた人ありがとうございました!次回もよろしくお願いします(^^)/